特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

JR九州「全国制覇へ出発進行」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【東芝(川崎市)−JR九州(北九州市)】七回表JR九州1死三塁、原口の中犠飛で中野が生還し、喜ぶ選手たち=東京ドームで2016年7月19日、野田武撮影
【東芝(川崎市)−JR九州(北九州市)】七回表JR九州1死三塁、原口の中犠飛で中野が生還し、喜ぶ選手たち=東京ドームで2016年7月19日、野田武撮影

 〇JR九州(北九州市)1−0東芝(川崎市)●

 全国制覇へ出発進行−−。第87回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)第5日の19日、JR九州(北九州市)は1回戦で東芝(川崎市)に競り勝ち、第81回大会の決勝で敗れた相手に雪辱した。ナインとスタンドが一体となってつかんだ4年ぶりの東京ドームでの勝利だった。

 「あと一歩のところを阻止された相手。きょうこそリベンジを果たし、黒獅子旗(優勝旗)を目指して頑張ろう」。試合開始の約10分前、JR九州の青柳俊彦社長がマイクを握って呼びかけると、一塁側スタンドを埋めた社員らがスティック・バルーン(棒状の風船)をたたいて応えた。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文633文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする