メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
しあわせのトンボ

原稿用紙に書くということ=近藤勝重

 たいていの原稿は原稿用紙に書いている。出稿の際、パソコン上で処理するにしても、長年の習慣か、原稿用紙でないと、どうもうまく書けない。

 原稿用紙の由来ははっきりしないが、20字20行の400字詰め原稿用紙は明治の中ごろ以降に普及したらしい。文章の作法や書き方のルールも踏まえたか、よくできている。一番上のひと升を空けて書き出すには重宝で、頭を低くして入る礼儀にもかない、合点がいく。

 原稿を書く上で気に留めているのは、ひとまとまりの内容の区切りとなる段落だ。文章は書くべきことに一段…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文894文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 空母化する護衛艦「いずも」の自衛隊員たち (中)若手隊員の思い やりがいと寂しさと メールで家族や夫と連絡

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです