メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

谷川雅彦(部落解放・人権研究所長) 国会で継続審議中の部落差別解消法案 法制定で「人権」再認識を

 被差別部落(同和地区)への差別解消を求める部落差別解消法案が、自民、公明、民進の3党で今年の通常国会に提出され、継続審議となっている。地域改善などで差別解消を目指した同和対策事業が2002年に終わって以降、同和問題に関連する法律はなかった。法律の必要性などを、部落解放・人権研究所の谷川雅彦所長に聞いた。

この記事は有料記事です。

残り1406文字(全文1559文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです