メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芥川賞

印西出身の村田沙耶香さん 入学時文集「いつか理想の自分に」 二松学舎大学付属柏高、母校も喜びに沸く /千葉

村田さんの作文が掲載された文集を手に芥川賞受賞を喜ぶ二松学舎大学付属柏高校の野島淳一教諭

 第155回芥川賞の発表から一夜明けた20日、「コンビニ人間」で受賞した印西市出身の小説家、村田沙耶香(さやか)さん(36)の母校・二松学舎大学付属柏高校(柏市)は喜びに沸いた。現在もコンビニでアルバイトをしながら執筆活動を続ける村田さん。入学時の文集に寄せた作文では「いつか理想の自分に行きつけたらいいと思う」とつづっていた。【橋本利昭】

 村田さんは印西市の小中学校を経て1995年に同高校に入学。美術部に所属し3年時には部長も務めたとい…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです