メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校内すもう大会

豪栄道関の胸借りる 全校児童が熱戦 豊郷・日栄小 /滋賀

相撲大会で、豪栄道関(左)に挑む女子横綱の6年、宍戸咲弥さん=滋賀県豊郷町吉田の町立日栄小で、西村浩一撮影

 豊郷町立日栄小学校(同町吉田)でこのほど、伝統の「第50回校内すもう大会」が開かれた。ゲストとして大相撲の大関・豪栄道関も参加。約500人の観衆が見守るなか、全校児童が熱戦を繰り広げた。

 同小では1967年にPTAがボランティアで土俵を完成させ、同年7月の土俵開きから大会が始まった。独自のルールを採用し、男子の1〜4年生と女子は体操服姿で、引き技や投げ技を使わず押し相撲だけで戦う。男子の5、6年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです