メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

挑む・RIO2016

/1 「1番」狙う、父の分も クレー射撃女子スキート・石原奈央子(41)

クレー射撃女子スキートの石原奈央子=神奈川県伊勢原市で2016年6月、山本浩資撮影

 「あーっ」。声を上げる度、直径約11センチの素焼きの皿(クレー)が左右から空中に飛び出す。石原奈央子(41)は狙いを定め散弾銃で撃ち抜いては、射台を移動する。スキートという種目で女子初の五輪代表となった。実家は約1300年の歴史を誇る栃木県鹿沼市の古峯神社。近くにある射撃場は明治初期に先祖が設けた。自身はクレー射撃一家の3代目となる。

 84代宮司の父敬士さん(73)は1968年メキシコ五輪代表に選ばれながら協会内の不祥事で出られず、80年モスクワ五輪も代表入りしたが東西冷戦下で日本は参加をボイコットした。「最もついていない男」と報じられたこともあるという。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです