メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊リオ五輪

ブラジル現地報告 出自にこだわらず

 <RIO2016>

 タカハシ、クマハラ、マツモト、ツボイ。卓球のブラジル代表でリオデジャネイロ五輪出場が決まった日系人選手の名だ。6人の出場枠のうち4人を日系人が占める。だがその事実を驚きを持って伝える報道が現地では皆無に等しい。この国では五輪選手に限らず、芸能人であろうと著名人であろうと、一個人の祖先がどこの出身であるかに人々は無関心なようだ。

 関心を持たないのは、物珍しさがないからだ。ブラジルは世界中から移民と難民を受け入れてきた国だ。約500年前にポルトガルが領有を宣言するまではインディオという先住民だけが暮らしていた。いま先住民の割合は全人口の0・4%に過ぎない。裏を返せば祖先が外国出身の○○系ブラジル人は国民の99・6%にも上る。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです