連載

生前退位

毎日新聞デジタルの「生前退位」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

生前退位

政府、慎重に検討 憲法に配慮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
生前退位を巡る課題とこれまでの政府見解
生前退位を巡る課題とこれまでの政府見解

 天皇陛下が生前退位の意向を示されていることに関し、政府は慎重な対応に徹している。憲法で政治的な行為を禁じられている天皇の立場に配慮する必要があるためだ。いったん世論を沈静化させた後に、政府が主導する形で議論を始めるとみられる。

 内閣官房幹部は「(陛下の)意向を受けて動くと疑義が出る。そんたくして内閣が発議するしかない」と話す。

 憲法は4条で「天皇は国政に関する権能を有しない」と規定する。天皇の公的な活動は、7条に明記された首相任命などの「国事行為」と、象徴としての地位に基づく外国訪問などの「公的行為」に分類される。いずれも政治的な発言などはできない建前だ。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文944文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集