メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生前退位

政府、慎重に検討 憲法に配慮

生前退位を巡る課題とこれまでの政府見解

 天皇陛下が生前退位の意向を示されていることに関し、政府は慎重な対応に徹している。憲法で政治的な行為を禁じられている天皇の立場に配慮する必要があるためだ。いったん世論を沈静化させた後に、政府が主導する形で議論を始めるとみられる。

 内閣官房幹部は「(陛下の)意向を受けて動くと疑義が出る。そんたくして内閣が発議するしかない」と話す。

 憲法は4条で「天皇は国政に関する権能を有しない」と規定する。天皇の公的な活動は、7条に明記された首…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです