特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

意地の逆転サヨナラ打 日立・中村良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 〇日立製作所(日立市)4(延長十二回)3三菱重工神戸・高砂(神戸市・高砂市)●

 日立製作所を救ったのは11年目のコーチ兼任、中村良の意地の一打だった。1点を追う延長十二回、タイブレークで新人4番の菅野が空振り三振し回ってきた2死満塁の打席。相手はすでに1点を取っており、何が何でも適時打が必要な場面だ。外角の直球を逆らわずに右前に打ち返し、2者が還る劇的な逆転サヨナラ打となった。

 打席に入る前、さまざまな思いが巡った。昨年の1回戦で長野市に敗れた試合は「良いところで凡退し、僕にも責任があった。ドームの借りはドームでしか返せない」。際どい勝負に「1点差で負けたくない」。さらに今年は創部100年目で、「社長のげきも頭に浮かんだ」。その思いをバットに込めた一打だった。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文603文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする