メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

浪曲師「ケイコ先生」が記念公演 初舞台から10年

春野恵子の会=東京都千代田区の紀尾井小ホールで、22日午後7時開演

 「東大卒のケイコ先生」--その肩書は、浪曲師「春野恵子」の知名度を一挙に引き上げた。だが、時に、芸の世界では負担になったろう。大阪で浪曲の修業を続け、初舞台から10年。地元・東京で22日、彼女の記念公演が開かれる。デジタルの世界では伝わらない生の声の迫力に、新たなエンタメのジャンルとしての魅力を体験してほしい。

 上方浪曲界の大ベテラン、春野百合子さんに入門した恵子さんはこの10年、関西を拠点に活動してきた。さらに、「他の世界の人にも浪曲を広げたい」と、芝居や音楽ライブにも積極的に出演してきた。

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1453文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 特集ワイド 走れ銚電 コロナ撃退、自虐パワー

  4. 東京の感染者、新たに34人 19日ぶり30人以上 新型コロナ

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです