メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者の投票箱

茨城県境町参与・塙佳憲(はなわ・よしのり)さん(19)

茨城県境町参与、塙佳憲さん=茨城県境町の「道の駅さかい」で

活動を起こしてほしい

 慶応大学総合政策学部に入学した今年4月、茨城県境町(さかいまち)の参与に就任しました。県南西部にある人口約2万4500人の町で、若者向けマーケティング戦略を担当しています。境町のキャッチフレーズは「自然と近未来が体験できるまち」。ふるさと納税による寄付金から、電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」と水素自動車を購入しています。少し都心から離れた所でイノベーションは起こる。大学の立地(神奈川県藤沢市)と職場に共通点を感じます。

 元々まちづくりには興味がありました。生まれ育った県内のひたちなか市や水戸市から活気が薄れています。…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文829文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです