メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯能市

満喫しながら、婚活を カヌーや陶芸体験、浴衣の着付け、花火見物も 来月〜9月、3回イベント /埼玉

 飯能ならではのアウトドアや「和み」を体験しながら“婚活”を楽しんでもらおうと、飯能市は8〜9月、3回のイベントで出会いの場を提供する「飯能再発見、出逢(であ)いのススメ」の参加者を募集している。申し込みの締め切りは29日。

 同市の結婚推進事業の一環。募集は20代から40代までの未婚の男女各15人。男性は同市在住者に限るが、女性は「飯能が大好き」なら市外在住者でも申し込み可で特に女性の参加を求めている。参加費用は男女とも6000円(イベント3回分の保険料やカヌー、陶芸体験料などを含む)。

 イベントの1回目は「浴衣着付け体験と飯能河原の花火見学」(8月6日午後4時から9時まで)。飯能中央地区行政センターで用意された浴衣の着付けを体験し、仕草などの礼儀作法も学んだ後、飯能河原で花火見物をする。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 東邦ガスに頼れる25歳が復帰 高校、大学で日本一を知る藤浪と同期のあの男

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです