メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
コウノトリ

優雅に飛来 川島の水辺に2週間 /埼玉

川島町で6日に撮影されたコウノトリ「きずな」=県生態系保護協会提供

 千葉県野田市の繁殖施設から6月に放たれたコウノトリが今月6日、川島町に飛来し、2週間にわたって滞在した。同町や周辺の自治体は、コウノトリが暮らせる自然環境の整備を進めてきた経緯があり、県生態系保護協会の須永伊知郎研究部長は「コウノトリが荒川の水辺環境やこの地域の受け入れ態勢を評価してくれたのではないか」と話している。

 同協会などによると、コウノトリは白い体に黒い翼、紅色の足が特徴で、翼を広げると最大2メートルにもな…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文690文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです