メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

日露 北方領土問題の焦点=前田洋平(政治部)

「経済交渉」ではない

 「北方領土問題のアイスブレーク(砕氷)だと首相は言った」。5月6日のロシア・ソチでの日露首脳会談後、政府高官は同行した私たちに安倍晋三首相との会話を披露し、交渉の進展を印象づけた。ところが、ロシアは今も北方領土を含む千島列島(クリル諸島)の軍事化計画を進めている。交渉の進展への期待と裏腹に現実は厳しい状況だ。期待と現実の乖離(かいり)はなぜ生まれるのか。この隔たりから日露交渉の本質に迫ってみたい。

この記事は有料記事です。

残り1696文字(全文1907文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 安倍首相が“速報ツイート”「同盟、さらに揺るぎないものに」 トランプ氏とのゴルフ終了
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです