えらぼーと

2016年参院選ボートマッチ、検証座談会 利用者大幅増、95万4467人 若年層の政治参加反映

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【左】慶応大大学院教授の曽根泰教さん【中央】埼玉大社会調査研究センター長の松本正生さん【右】慶応大教授の片山善博さん
【左】慶応大大学院教授の曽根泰教さん【中央】埼玉大社会調査研究センター長の松本正生さん【右】慶応大教授の片山善博さん

 スマートフォンやパソコンで政党や候補者との意見の一致度が測れる「毎日新聞ボートマッチ・えらぼーと」。「18歳選挙権」で初めて行われた第24回参院選では、公示日(6月22日)から投開票日(7月10日)まで19日間の利用者数が延べ95万4467人に達した。過去7回のえらぼーとで最多だった2012年衆院選の約45万人から倍増した背景を監修委員の曽根泰教慶応大大学院教授、松本正生埼玉大社会調査研究センター長、片山善博慶応大教授に分析してもらった。【司会・平田崇浩、写真・竹内幹】

この記事は有料記事です。

残り7414文字(全文7652文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい