メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントラージュ・支える人々

リオ五輪 第15部 サッカー歴代五輪監督からのエール/1 アトランタ五輪・西野朗監督

20年前の夏を振り返る西野氏

 ◆アトランタ五輪・西野朗監督(61)

 リオデジャネイロ五輪で6大会連続10回目の五輪となるサッカー男子日本代表。銅メダルに輝いた1968年メキシコ大会以来、28年ぶりに世界への扉を開いたのが96年アトランタ大会だった。チームを率いた西野朗監督(61)=現日本サッカー協会技術委員長=は「個性的で才能豊かな集団だった」と振り返る。

 日本サッカー界は転換期にあった。93年にJリーグが開幕。海外から多くの選手や指導者が来日し、日本の選手に刺激を与えた。「世界で戦っている雰囲気を常に国内で感じることができたのは非常に大きかった」。前園、城、川口ら代表の中心となる選手が日々のJリーグで成長した。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです