メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改革派雑誌「廃刊」 「最後の陣地陥落」失望の声

 【北京・河津啓介】中国の改革派言論を代表する月刊誌「炎黄春秋」が当局による人事介入に反発して「廃刊」を発表した。当局主導で選ばれた新たな役員陣が発行を続けようとしているが、廃刊を決めた旧役員陣は「今後、『炎黄春秋』名義で発行される出版物は、本社とは関係ない」と言明。習近平指導部が言論統制を強める中で改革派の「最後の陣地が陥落した」と失望の声が上がっている。

 この雑誌を管轄する政府系機関が12日、同誌の杜導正社長らを退任させる新役員人事を発表し、杜氏が17…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです