特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

父の遺志継ぐ…トヨタ・23歳マネジャー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
豊田市から東京ドームに駆けつけた応援団に声をかける福島大剛さん(手前左)=東京ドームで2016年7月21日午後1時26分、駒木智一撮影
豊田市から東京ドームに駆けつけた応援団に声をかける福島大剛さん(手前左)=東京ドームで2016年7月21日午後1時26分、駒木智一撮影

「みんなのために」

 第87回都市対抗野球大会に出場している愛知県豊田市・トヨタ自動車の名マネジャーとしてチームを支え、45歳の若さで亡くなった福島豊さんの長男、大剛(ひろたか)さん(23)が昨春、同社に入社し、「見習いマネジャー」として活動を始めた。チームでの選手経験がないままマネジャーに就くのは社会人野球では異例だが、偉大な父の背中を追う。

 トヨタの人事部スポーツ強化担当として、柔道の谷亮子さんやフィギュアスケートの安藤美姫さんら野球部以外のスポーツ選手の入社にも尽力した豊さん。裏方の人間らしく「気配りの人」と評された。だが、家で見せる顔は違っていた。小学生の頃から、野球のため、夜遅くまで筋トレや坂道ダッシュで鍛えられ、時には鉄拳制裁も受けた。大剛さんは「父には怖いイメージしかなかった。親というより、野球の専属鬼コーチだった」と当時…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文939文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする