特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

都市対抗野球

攻守のスペシャリスト特徴生かし トヨタ自

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【広島市(JR西日本)−豊田市(トヨタ自動車)】八回裏豊田市1死満塁、滝野が中越え3点三塁打を放つ=東京ドームで2016年7月21日、北山夏帆撮影
【広島市(JR西日本)−豊田市(トヨタ自動車)】八回裏豊田市1死満塁、滝野が中越え3点三塁打を放つ=東京ドームで2016年7月21日、北山夏帆撮影

 ○トヨタ自動車(豊田市)6−1JR西日本(広島市)●

 1点を争う展開のまま終盤に入った。「チャンスになったら行くぞ」と桑原監督に告げられたトヨタ自動車の滝野は、出番を切望していた。2年前の日本選手権で打撃賞を獲得した打撃自慢だが、今季は藤岡、北村と新人2人がレギュラーに食い込んだこともあり、先発メンバーから外れることが多くなった。

 待ちに待った出番は、同点の八回1死満塁。代わったばかりのJR西日本・湧川の高めの直球を思い切りひっぱたいて右中間を破り、3人の走者を還した。「絶対に打ってやろうと思った。ぼくが貢献できるのは、バッティングだから」と滝野は言う。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文547文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする