知的障害

通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
手をつないで歩く女性(右)と母=横浜市内で2016年3月28日午後4時7分、宇多川はるか撮影
手をつないで歩く女性(右)と母=横浜市内で2016年3月28日午後4時7分、宇多川はるか撮影

横浜

 横浜市内の知的障害者の通所施設で働く知的障害者の20代男女の間に子供ができ、女性が中絶する出来事があった。「望まない妊娠の再発防止につなげたい」と女性の母が明かした。取材を進めると、男性側の苦悩も浮かんできた。知的障害者の性とどのように向き合うか−−。一度は宿った命を前に、思いは交錯している。【宇多川はるか】

 施設や家族によると、施設職員が昨年12月上旬、数回にわたって施設内で男女の性行為があったことを確認。場所は毎回、施設の無施錠の会議室だった。産婦人科で診察を受けると、妊娠7週と判明。「出産、育児は難しい」と判断した男女の母たちが知的障害者の中絶を扱う病院を探したが見つからず、施設が紹介した個人院で今年1月上旬、中絶手術を受けた。その後、男性は別施設に移った。

この記事は有料記事です。

残り1419文字(全文1758文字)

あわせて読みたい

注目の特集