もんじゅ

また点検漏れ 警告、3カ月見過ごし

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 多数の機器点検漏れなどの不祥事が発覚した日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、今年3月末までに行う予定だった機器の点検が実施されず、3カ月間にわたり、未点検であることを知らせる警告を見過ごしていたことが22日発覚した。警告システムは一連の不祥事発覚後に導入されたが、結果的にはミス防止につながっておらず、原子力規制委員会は原因を調べるよう原…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集