大相撲名古屋場所

日馬富士が電光石火 寄り一気稀勢破る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

大相撲名古屋場所13日目

 電光石火の寄りで稀勢の里を土俵下に転落させた日馬富士。初優勝と横綱昇進に挑む大関を、綱の威信を懸けて、はね返した。

 立ち合い、稀勢の里の喉元に頭で当たり、腰高の大関を受け身にさせた。「本来の僕の立ち合いなので」と短く応じたが、研ぎ澄ました瞬発力を一気に解き放った。

 会心の立ち合いから右前みつを奪い、相手の左差しを無力化させた。左をのぞかせ、圧力をかけると、我慢しきれな…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

注目の特集