メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産学連携

大和高田・奈良文化高、2社と協定 桑の葉加工食品開発へ /奈良

協定を結んだ(右から)清栄薬品の清水宏行社長、奈良文化高校の山田勝美校長、森田草楽堂の森田修平社長=奈良文化高校で、藤原弘撮影

 桑の葉の活用に力を入れている奈良文化高校(大和高田市東中)はこのほど、薬品会社「清栄薬品」(生駒市)、漢方卸会社「森田草楽堂」(橿原市)と産学連携に向けた協定を結んだ。漢方薬などを食事の中に取り入れる「薬膳」の考え方を取り入れ、校内の加工施設「桑姫作業所」で製造した桑の葉の粉末を使ったドレッシング…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです