産学連携

大和高田・奈良文化高、2社と協定 桑の葉加工食品開発へ /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
協定を結んだ(右から)清栄薬品の清水宏行社長、奈良文化高校の山田勝美校長、森田草楽堂の森田修平社長=奈良文化高校で、藤原弘撮影
協定を結んだ(右から)清栄薬品の清水宏行社長、奈良文化高校の山田勝美校長、森田草楽堂の森田修平社長=奈良文化高校で、藤原弘撮影

 桑の葉の活用に力を入れている奈良文化高校(大和高田市東中)はこのほど、薬品会社「清栄薬品」(生駒市)、漢方卸会社「森田草楽堂」(橿原市)と産学連携に向けた協定を結んだ。漢方薬などを食事の中に取り入れる「薬膳」の考え方を取り入れ、校内の加工施設「桑姫作業所」で製造した桑の葉の粉末を使ったドレッシング…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

あわせて読みたい

注目の特集