メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

産学連携

大和高田・奈良文化高、2社と協定 桑の葉加工食品開発へ /奈良

協定を結んだ(右から)清栄薬品の清水宏行社長、奈良文化高校の山田勝美校長、森田草楽堂の森田修平社長=奈良文化高校で、藤原弘撮影

 桑の葉の活用に力を入れている奈良文化高校(大和高田市東中)はこのほど、薬品会社「清栄薬品」(生駒市)、漢方卸会社「森田草楽堂」(橿原市)と産学連携に向けた協定を結んだ。漢方薬などを食事の中に取り入れる「薬膳」の考え方を取り入れ、校内の加工施設「桑姫作業所」で製造した桑の葉の粉末を使ったドレッシング…

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文282文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです