東京女子医大病院

薬16倍投与、女性死亡…14年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東京女子医科大病院(東京都新宿区)で2014年、脳腫瘍の女性が添付文書に書かれた量の16倍の抗てんかん薬を投与され、その後に重い副作用を起こし死亡していたことが分かった。病院の依頼で調査した第三者機関は、薬の投与を「標準的な医療と言えない」と指摘したが、病院側は「患者側の希望を考慮して決めた」と過失を否定。遺族は「副作用の説明は全くなかった」と反論している。

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1159文字)

あわせて読みたい

注目の特集