大相撲名古屋場所

日馬、単独首位守る…稀勢は白鵬に勝利

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豪栄道を上手投げで降した日馬富士(手前)=愛知県体育館で2016年7月23日、木葉健二撮影
豪栄道を上手投げで降した日馬富士(手前)=愛知県体育館で2016年7月23日、木葉健二撮影

 大相撲名古屋場所14日目の23日、ただ一人2敗の日馬富士は、豪栄道を難なく退けた。結びの3敗対決は、稀勢の里が白鵬に土俵際で逆転の突き落としで勝ち、平幕の貴ノ岩と共に優勝争いに残った。白鵬は3連覇の可能性が消えた。

 千秋楽で日馬富士は白鵬との横綱対決に勝てば、4場所ぶり8回目の幕内優勝が決まる。日…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

注目の特集