メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

「授業準備、時間足りぬ」8割 小中高教員5373人回答

部活動の指導が教員の多忙に拍車をかけている=横浜市南区で、水戸健一撮影

 教員の1日の平均勤務時間は約11時間で、8割が授業の準備をする時間が足りないと感じている−−。教育系4大学の共同調査で、小中高校の教員の多忙な勤務実態が明らかになった。専門家は教員の増員や負担軽減の具体化を図らなければ児童・生徒の教育に影響すると警鐘を鳴らしている。

 ●ゆとりなき実態

 調査は、北海道教育大▽愛知教育大▽東京学芸大▽大阪教育大の4大学が昨年8月中旬〜9月下旬、全国の公立小中高校1620校の教員9720人を対象にアンケート形式で実施。5373人から有効回答があった。回収率は55・3%。

 10項目について「次のような悩みや不満を感じているか」を聞いた設問で最も多かったのは「授業の準備を…

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです