メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

「授業準備、時間足りぬ」8割 小中高教員5373人回答

部活動の指導が教員の多忙に拍車をかけている=横浜市南区で、水戸健一撮影

 教員の1日の平均勤務時間は約11時間で、8割が授業の準備をする時間が足りないと感じている−−。教育系4大学の共同調査で、小中高校の教員の多忙な勤務実態が明らかになった。専門家は教員の増員や負担軽減の具体化を図らなければ児童・生徒の教育に影響すると警鐘を鳴らしている。

 ●ゆとりなき実態

 調査は、北海道教育大▽愛知教育大▽東京学芸大▽大阪教育大の4大学が昨年8月中旬〜9月下旬、全国の公立小中高校1620校の教員9720人を対象にアンケート形式で実施。5373人から有効回答があった。回収率は55・3%。

 10項目について「次のような悩みや不満を感じているか」を聞いた設問で最も多かったのは「授業の準備を…

この記事は有料記事です。

残り1545文字(全文1847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  4. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  5. 東京都 築地市場、豊洲開場日に解体着手

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]