メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

「社員の立候補」で好循環

「オンデーズ」のAM解散総選挙で、壇上に上がる最終候補者ら=東京都江東区で

 仕事は与えられるものではなく、自分でつかむもの−−。そんな言葉を体現した企業の取り組みが注目を集めている。主要ポストを立候補と選挙で決めるベンチャー眼鏡店と、社員が提案した仕事に給与とは別の報酬を付ける医療ITベンチャー。両社の取り組みを探った。

 ●密室人事やめます

 腹に響く重低音が鳴り響き、天井からつるされたミラーボールはカラフルな光線を振りまく。今年4月、東京都内のスタジオで、港区の眼鏡店「オンデーズ」のエリアマネジャー(AM)を選ぶ解散総選挙が行われた。会場には候補者たちの選挙ポスターが飾られ、社員たちは正装だ。

 AMは全国141の店舗を地域ごとにまとめる販売現場の最高責任者。任期は1年で、毎年解散して総選挙を行う。この日は3月の中間選挙を経て選ばれた7人の最終候補者たちが、最終プレゼンを行い、全社員が投票で新任AM5人を選んだ。

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです