メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京女子医大

過量投薬 副作用、過去に周知 厚労省関連団体

 東京女子医科大病院で2014年に抗てんかん薬「ラミクタール」(一般名ラモトリギン)を過量投与された女性が重い副作用で死亡した問題で、薬の副作用情報を集める医薬品医療機器総合機構(PMDA)や関連学会が当時、ラミクタールの用法・用量の順守を重ねて呼び掛けていたことが分かった。死亡した事例と同じ薬の組み合わせには特に細かい説明があり、専門家は「副作用の危険が高いことは、よく知られていた」と指摘する。

 脳腫瘍の手術経験があった女性は13年12月から同病院の処方で抗てんかん薬「デパケンR」を服用。14年8月にけいれん発作を起こした後、追加でラミクタールを短期間で薬効を高めるためとして本来の16倍に当たる200ミリグラム連日投与された。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. 認知症への理解を 姫路城など34都道府県100カ所をオレンジでライトアップ

  3. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  4. 巨人が逆転勝ち2連勝 松原、中島ソロ 吉川尚、坂本適時打

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです