認知症

見守りは足元から 広がるGPS内蔵の靴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中敷き部分にGPS端末を埋め込んだ靴=熊本市中央区で
中敷き部分にGPS端末を埋め込んだ靴=熊本市中央区で

 認知症の見守りは足元から−−。全地球測位システム(GPS)の端末を内蔵した靴が普及しつつある。位置情報などをスマートフォン(スマホ)などで確認でき、居場所を素早く確認できる商品だ。首からさげて使う端末もあるが、身につけず外出することもあり、介護する家族を悩ませてきた。「有効な手段」と関係者が期待を寄せる。

 千葉県松戸市の「介護用品 愛ショップ」が展開するサービスは「愛SOSネットワークシステム」。靴の中敷きに厚さ約1・2センチ、重さ約30グラムのGPS端末を埋め込み、位置情報などをスマホやタブレット端末で確認でき、自宅から50メートル以上離れるとメールで知らせる。

この記事は有料記事です。

残り955文字(全文1241文字)

あわせて読みたい

注目の特集