シニア・ハローワーク

中高年の就労支援 北九州市

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

福岡労働局 8月に「ウェルとばた」内に開設 全国初

 北九州市と福岡労働局は25日、全国で初めて50歳以上の中高年に特化して就労を支援する「シニア・ハローワーク」を来月29日、市が所有する戸畑区の複合施設「ウェルとばた」内に開設すると発表した。北橋健治市長は記者会見で、「『生涯活躍の街』の実現に向けて積極的に取り組み、全国のモデルにしたい」と話した。

 北九州市は高齢化率が29.0%(今年3月末)と、全国の政令指定都市の中で最高水準となっており、市が中高年に特化した就労支援を国に提案。今年1月、国家戦略特区の事業として認められた。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文447文字)

あわせて読みたい

注目の特集