メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20

「経済不確実性増す」英離脱で協調の声明

 【成都(中国南西部)赤間清広】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は24日、英国の欧州連合(EU)離脱問題で「世界経済の不確実性が増した」として、G20各国が協調して対応に当たる姿勢を示す声明を採択し、閉幕した。また中国を念頭に、鉄鋼などの過剰生産が世界的な課題との認識で一致し、解消を促した。

 6月下旬の英国民投票でEU離脱派が勝利したことを受けて、金融市場が一時混乱したほか、貿易や投資の減少など世界経済に及ぼす影響が懸念されている。今回のG20には、国民投票後に就任したハモンド英財務相が初めて参加し、英国の状況などを説明した。

 G20の声明は「国民投票から生ずる潜在的な経済及び金融の影響に積極的に対処する態勢を整えている」と強調。「将来的に、英国がEUの緊密なパートナーである姿に期待している」として、離脱後も両者が良好な関係を築くことを求めた。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです