大相撲

日馬富士が白鵬に勝ち 4場所ぶり8回目の優勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝を決め、賜杯を手に笑顔の日馬富士=愛知県体育館で2016年7月24日、竹内幹撮影
優勝を決め、賜杯を手に笑顔の日馬富士=愛知県体育館で2016年7月24日、竹内幹撮影

 大相撲名古屋場所は千秋楽の24日、日馬富士が結びで白鵬を退け、13勝2敗で4場所ぶり8回目の幕内優勝をなし遂げた。稀勢の里と貴ノ岩も勝って3敗を守ったが、及ばなかった。

 稀勢の里は3場所連続12勝以上の好成績で、9月の秋場所に綱取りをつないだ。白鵬は10勝にとどまり、横綱として15日間皆勤した53場…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

あわせて読みたい

注目の特集