大相撲名古屋場所

稀勢の里昇進 「来場所優勝なら納得」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
豪栄道を押し出しで破った稀勢の里=愛知県体育館で2016年7月24日、木葉健二撮影
豪栄道を押し出しで破った稀勢の里=愛知県体育館で2016年7月24日、木葉健二撮影

 日本相撲協会の二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は24日、大関・稀勢の里の横綱昇進について「来場所につながったね。(優勝した日馬富士と)星一つの差だから」と述べ、秋場所(9月11日初日、東京・両国国技館)も引き続き綱取り場所になるとの見解を明らかにした。昇進の条件については「優勝すれば、みんな納得…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

あわせて読みたい

注目の特集