連載

ナイル.com

毎日新聞デジタルの「ナイル.com」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ナイル.com

(86)トルコ政変に揺れたシリア

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 トルコで15〜16日に展開された一連のクーデター失敗劇を巡っては、内戦が続く隣国シリアの国民も一喜一憂しながら動向に注目していた。トルコのエルドアン政権は反体制派の後ろ盾で、クーデターの成否がシリア内戦の行方を左右しかねなかったからだ。

 「トルコで軍事クーデターの動き」という一報が流れた15日深夜、アサド政権の支配地域には歓喜の声が広がった。住民らによると、首都ダマスカスや地中海沿岸の政権側支配地域では、車列が街頭に繰り出し、祝砲の音が響いた。誤って祝砲の銃弾を受けた市民に死傷者まで出たという。国営テレビなどは通常番組を休止し、トルコの政変を継続して伝えた。

 政権支持者には、政変によってトルコの支援が細れば、トルコからの補給に頼るアレッポなど北部地域を反体制派から奪還できるとの期待があった。また、アサド大統領が折に触れてエルドアン大統領を名指しで非難するように、政権支持者には「エルドアン嫌い」がまん延している。トルコが反体制派や過激派組織「イスラム国」(IS)の国境付近での往来を野放しにしたために内戦が深刻化したとの考えからだ。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文954文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集