メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士山

周辺のネット環境整備 防犯巡り合同会議 山梨・静岡 /山梨

 国内有数の観光地である富士山周辺で安全にインターネットを利用してもらおうと、山梨、静岡両県と両県警は25日、富士山世界遺産センター(富士河口湖町船津)で、「サイバーセキュリティ合同推進会議」を初めて開いた。富士山周辺で急速に利用が増えているネットに無料接続できるサービス「Wi−fi(公衆無線LAN)」の環境について関係者が意見を交わした。

 富士山周辺で急増する外国人観光客らの需要を踏まえ、両県は富士山のふもとや山頂、各山小屋など、今年度までに49カ所で無線LANを整備。それ以外の民間の事業者による設置も含め、今後も増加が見込まれる。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです