メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授
住・LIVING

夏のインテリア 寒色系でまとめてすっきり

 暑い夏。家で過ごす時にインテリアをちょっと変えるだけで爽やかな気分になれる。小物を使って涼しさを演出する工夫を、インテリアコーディネーターの荒井詩万(しま)さんに聞いた。

 「基本は部屋をすっきりさせること。色は青や白を取り入れて」と荒井さんは話す。夏休みは子供が家にいる時間が長く、食卓で宿題をする子もいる。「居間に子供の物を置くコーナーを作ってあげて」。収納場所がなければ、勉強道具は籐(とう)のふた付きの箱にしまうか、籠に入れて上から布を掛けるとすっきりする。色は青や白を取り入れ、寒色系でまとめると見た目も涼やかだ。

 クッションのカバーを変えるだけで、部屋の印象はぐっと変わる=写真[1]。色は青、白に加え、パープル、グリーン、シルバーのいずれかを足した組み合わせが夏らしい。色の取り合わせは3色までにとどめるのがポイント。生地は綿やリネン(麻)が肌触りもよく質感もいい。刺しゅう柄や生地に凹凸のあるものを取り入れると、同系色でまとめても華やかになる。クッションの大きさも大小あるとバランスがよくなる。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです