メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

夏のインテリア 寒色系でまとめてすっきり

 暑い夏。家で過ごす時にインテリアをちょっと変えるだけで爽やかな気分になれる。小物を使って涼しさを演出する工夫を、インテリアコーディネーターの荒井詩万(しま)さんに聞いた。

 「基本は部屋をすっきりさせること。色は青や白を取り入れて」と荒井さんは話す。夏休みは子供が家にいる時間が長く、食卓で宿題をする子もいる。「居間に子供の物を置くコーナーを作ってあげて」。収納場所がなければ、勉強道具は籐(とう)のふた付きの箱にしまうか、籠に入れて上から布を掛けるとすっきりする。色は青や白を取り入れ、寒色系でまとめると見た目も涼やかだ。

 クッションのカバーを変えるだけで、部屋の印象はぐっと変わる=写真[1]。色は青、白に加え、パープル…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1362文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです