メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

飄々とした中村さん

中村哲さん

 アフガニスタンで30年にわたり活動する「ペシャワール会」現地代表の中村哲医師(69)は、1600本の井戸を掘り、25キロ以上の用水路を切り開いてきた。アジアのノーベル賞といわれるマグサイサイ賞も受けたが、その素顔は飄々(ひょうひょう)としている。

 取材のため、福岡から上京する中村さんと東京駅で待ち合わせた。「着きました」と電話をもらい、探し回るが見当た…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです