特集

ポケモンGO

米国などで先行投入され、爆発的な人気で社会現象にもなっているスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」の情報を伝えます。

特集一覧

ポケモンGO

任天堂株ストップ安…過度な期待消え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
任天堂株価の推移
任天堂株価の推移

 25日の東京株式市場で、世界的に大ヒットしているスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」に関連する株式が軒並み下落した。下げを主導したのは任天堂で、値幅制限いっぱいのストップ安で取引を終了。「ポケモンGO効果」の過度な期待がはげ落ちた形だ。

 株価下落の引き金となったのは、任天堂が22日夜に「(ポケモンGOの配信が)連結業績に与える影響は限定的」と発表したことだ。ポケモンGOは米ゲームベンチャーの「ナイアンティック」▽任天堂▽任天堂が32%の株式を保有するキャラクター管理会社「ポケモン」の3社が共同で企画。アプリ自体はナイアンティックが開発・配信している上、ライセンス利用料金は管理会社「ポケモン」が受ける。任天堂は、管理会社の持ち株比率分程度しか、収益改善の直接の恩恵を受けず、最近の株高には戸…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文895文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集