都市対抗野球

初Vへエース温存…トヨタ、鉄壁リレー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【豊田市(トヨタ自動車)−大垣市(西濃運輸)】豊田市先発の六埜=東京ドームで2016年7月25日、野田武撮影
【豊田市(トヨタ自動車)−大垣市(西濃運輸)】豊田市先発の六埜=東京ドームで2016年7月25日、野田武撮影

 〇トヨタ自動車(豊田市)5−0西濃運輸(大垣市)●(25日)

スコアボードに連なる「0」。トヨタ自動車が4人の継投で西濃運輸打線を封じ、難攻不落の投手層を示した。

 「(エースの)佐竹さんだけじゃない、とアピールできたかな」。今大会初先発の3年目左腕・六埜は胸を張った。

 直球とスライダーを軸に六埜は、四回まで二塁を踏ませない。五回2死二、三塁のピンチ。1番・斎藤に対し、捕手・細山田はチェンジアップを要求したが首を振り「一番自信のある球で勝負する」。大きく振った腕…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

あわせて読みたい