メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京 和のたくみ

(5)紋章上絵師――波戸場承龍さん、耀次さん 見えない円を描く

 マッキントッシュのパソコンを操って描く後ろ姿は、グラフィックデザイナーのようだ。「きらきらしたものが好きで……」と、宝飾メーカー、スワロフスキーの細かなクリスタルの粒(ラインストーン)で家紋をあしらった「合財(がっさい)袋」も考案した。そんな現代的な一面も持っているが、「ぶん廻し(まわし)」と呼ばれる筆をつけた竹製のコンパスを握り、着物の生地に触れるか触れないかの極細のラインで墨を入れる伝統の技も受け継ぐ。

 波戸場承龍(はとば・しょうりゅう)さん(59)は「紋章上絵師(もんしょううわえし)」と呼ばれる、着…

この記事は有料記事です。

残り1991文字(全文2248文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  2. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉 弟の妻中傷するビラ、近所にまく
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]