メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニュース&トピックス

長所磨き、更なる高みへ

「個性は大事なので、高い声なのはラッキー。それをいかに武器にできるか、日々研究しています」と話すソプラノ歌手の田中彩子=平川義之撮影

 高音域を軽やかに出せる確かな歌声に華やかな容姿を兼ね備え、最近ではテレビや一般誌でも特集を組まれるクラシック音楽界では珍しい存在。だが本人は「ウィーンに住んでいるので、日本でどう関心を持ってもらえているのか、実はよくわからなくて……」と控えめ。ソプラノ歌手の田中彩子が9月10日、いずみホール(大阪市中央区)でリサイタルを開く。

 京都府出身。3歳でピアノを始めてピアニストを夢見たが、1オクターブ届くのもやっとという小さな手で、…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1207文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです