メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
安保関連法

県民290人が国を提訴 「生きる権利侵害」主張 /長野

原告団の集会で提訴の意義を説明する又坂常人・原告団長(中央)=長野市の県弁護士会館で

 3月に施行された安全保障関連法は憲法が保障する平和的生存権や人格権を侵害し、平穏な日常を脅かされ精神的苦痛を受けたとして、県民約290人が26日、国に1人あたり10万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。原告側によると、同種の訴訟は東京や岡山などに続いて全国8例目。

 原告と弁護士約40人でつくる「信州安保法制違憲訴訟の会」によると、「権利・利益の侵害」を具体的に示す項目として、訴状に「安定した立憲民…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです