メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県政世論調査

速報 認知5割以下、知事苦笑 脱原発、琵琶湖保全、重点政策県民に届かず? /滋賀

「もっと多くの人に知ってほしい」

 県は26日、第49回県政世論調査の単純集計結果(速報)を公表した。原発に依存しない新しいエネルギー社会の構築に向けた「しがエネルギービジョン」や、昨年9月に成立した琵琶湖保全再生法についての県民の認知度は5割以下だった。三日月大造知事は同日の定例記者会見で「さまざまな機会を捉えて、広報啓発に取り組んでいきたい」と述べた。

 調査は県内在住の20歳以上3000人を対象に実施し、今回は1557人から有効回答があった。今回から…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  2. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  3. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  4. トランプ氏大相撲へ 千秋楽で急須と湯飲みが使えなくなる?
  5. トランプ大統領来日、警備に頭悩ませる警視庁 ドローンだけでなく「座布団対策」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです