メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
近江の地酒もてなし普及促進協議会

初会合 近江の地酒で乾杯! 知事も出席「取り組み強めよう」 /滋賀

三日月知事の音頭で「近江の地酒を普及させよう」と気勢を上げる協議会の委員ら=滋賀県庁で、山本直撮影

 県が日本酒の地位向上や地酒の認知度アップを目的に設置した「近江の地酒もてなし普及促進協議会」の初会合が25日、県庁で開かれた。蔵元や酒類販売、宿泊施設、飲食の各業者や学識経験者をはじめ、公募2人を含む委員17人が参加。毎年10月を「普及促進月間」と定め、各業界で事業を実施するなどして地酒を盛り上げていくことを決めた。

 今年3月にできた「近江の地酒でもてなし、その普及を促進する条例」に基づいて設置された協議会で、冒頭…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文477文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです