メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイス

来月27日に東名阪ツアー大阪公演 半崎美子さん /大阪

シンガーソングライターの半崎美子さん=大阪市北区の毎日新聞大阪本社で、安田美香撮影

ライブが「生きがい」

 一度聴くと忘れられない、独特の泣いているような声の持ち主。ライブ会場には家族連れら幅広い世代が集い、多くの人が涙を流して聴き入っている。

 2000年に大学を中退し、札幌市から単身上京。パン屋で住み込みで働きながら曲を書き、ライブ活動を続けた。持ち前の行動力で歌う場所を探し、自らを売り込んだ。魅力的な歌声と真摯(しんし)な人柄、全身から絞り出すように、心を込めて歌う姿に感動した人たちの口コミでファンは増え続けた。

 今年5月、5曲入り新シングル「降り積もる刻(とき)」をリリースし、8月に記念ライブを開く。代表曲「永遠の絆」は、札幌に住む両親への思いをつづった。大阪弁が印象的な「大阪恋時雨」は、以前開いた大阪のライブ会場で「大阪の歌を作ります」と約束したご当地ソング。「ブルースっぽい、せつない歌謡曲になりました」

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです