メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
タンチョウ

夏休み、写生や観察で親しむ 県自然保護センター /岡山

岡山県自然保護センターで暮らすタンチョウのつがい=同センター提供

 国の天然記念物、タンチョウを飼育している和気町田賀の県自然保護センターは、夏休みの子どもたちや親子連れに楽しんでもらおうと、8月7日にタンチョウの写生大会を、毎週末に観察会を開く。いずれも参加無料。

 同センターでは現在、全国で最も多い41羽のタンチョウを飼育。39羽は普段はケージの中で生活し、園外に逃げない2羽は屋外で放し飼いしている。

 写生大会は7日午前9時から。センター研究員が生態などを解説。昼ごろまで写生し、午後は木の枝などを使…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文439文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです