メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

問われる「軍民両用」研究

山崎正勝氏

 日本の科学者の代表機関である「日本学術会議」が、戦後堅持してきた軍事研究を否定する方針の見直しを始めた。28日から本格化する議論の行方が注目される。きっかけは、軍事用にも民生用にも使える「デュアルユース」技術の研究を大学などに促す政府の動きだ。軍民両用目的の研究資金制度も始まり、研究者も揺れている。日本の科学技術研究はどうあるべきなのか。

この記事は有料記事です。

残り4443文字(全文4614文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです