メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「ママがおばけに…」続編を出版 のぶみさん

のぶみさん

 「母と子の愛に笑って、泣ける」と評判を呼び、40万部以上のベストセラーを記録した絵本「ママがおばけになっちゃった!」(講談社)の続編「さよなら ママがおばけになっちゃった!」が、7月に刊行された。テーマは、絵本界でタブーとされてきた「ママの死」。お葬式の日、おばけになった母親が息子の元に現れるというストーリー。作者ののぶみさん(38)に、作品への思いを聞いた。【聞き手・坂根真理】

 「ママが死ぬなんて嫌な気持ちになる」と言われることもあります。でもぜいたくなもので、「ママが死んだらどうしよう」と思うと、すごく大切にするものなんですよね。「ママを大切にしよう」と言っても伝わらないですから。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

  2. コロナワクチン接種、まずは医療従事者に 高齢者らも優先度高く 政府検討

  3. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです