メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

水素入浴剤、やけどの危険

湯に入れて取り出した直後、蒸気が発生した水素発生入浴剤=国民生活センター提供

 世の中、水素がブームだ。さまざまな商品が売られる中、お湯につけたまま使用する水素入浴剤を、途中でお湯から上げてしまい、発熱でやけどを負うケースも出ている。「健康や美容に効果がある」と宣伝されるが、注意が必要だ。

 ある男性が今年1月、自宅の風呂で水素を発生させるという入浴剤を試そうとした。使い捨てカイロのような袋に入った入浴剤をプラスチック製のケースの中に入れ、7歳の女児に手渡した。浴槽のへりに置いたものの、誤って湯の中に落としてしまう女児。慌てて拾い上げ、ケースの隙間(すきま)から出る蒸気で左手に軽いやけどをしてしまった。

この記事は有料記事です。

残り1306文字(全文1571文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです