メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

ウナギにマケズ、土用のナマズ すり身、豆腐 代替商戦熱く

 30日の「土用の丑(うし)の日」を前に、スーパーや百貨店などで商戦が熱を帯びている。ニホンウナギは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定され漁獲量が減少。各社は定番の「ウナギのかば焼き」のほか、代替品としてナマズや魚のすり身など「ウナギ以外のかば焼き」も提案している。今年は土用の丑が土曜日のためウナギの販売量が増加するとみられており、どこまで消費者に受け入れられるか注目される。【浅川大樹、浜中慎哉】

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです