メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

ウナギにマケズ、土用のナマズ すり身、豆腐 代替商戦熱く

 30日の「土用の丑(うし)の日」を前に、スーパーや百貨店などで商戦が熱を帯びている。ニホンウナギは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定され漁獲量が減少。各社は定番の「ウナギのかば焼き」のほか、代替品としてナマズや魚のすり身など「ウナギ以外のかば焼き」も提案している。今年は土用の丑が土曜日のためウナギの販売量が増加するとみられており、どこまで消費者に受け入れられるか注目される。【浅川大樹、浜中慎哉】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです